Wpf textbox validating

Send payment proof to [email protected] 31 days after purchase date.

This enables you to use a background thread to receive data from an external source, such as a database, and display the data on the UI thread.

The tutorials will show you how to create the next generation user experience.

I hope you will get amazed by the possibilities of this fascinating technology.

WPF」 には、データバインディング(data bining)機能があります。 (WPF に限らず、最近の GUI 開発フレームワークにはたいていこの機能がありますが。) データバインディングは、単にバインディングとか、和訳してデータ結合とか言ったりする場合もあります。 データバインディングというのは、 例えば、あるコントロールのプロパティとプロパティを結びつけたり、 データベースなどに格納されたデータとリストコントロールを結びつけたりする機構です。 「結びつける」というのは、具体的に言うと、 あるコントロール、例えばテキストボックスの中身が変更されたときに、 その中身と同期して、他のコントロールの中身を変更したりということです。 例えば、図1および2を見てください。 この例の場合、ただ1つの値を3つのコントロールで共有するだけなので、 このような手順を踏むのもたいした労力ではないですが、 同期が必要なコントロールの数が増えてきたり、 データ数が多くなってくると、とてもじゃないですが、 自前で処理を書きたくはありません。 また、ユーザインターフェース(ビジュアル(視覚・表示)デザイン)とビジネスロジック(ロジック(処理内容)デザイン)の分離の観点から言っても、 イベントハンドラ処理を自前で書く必要のないバインディング機構が望まれます。 WPF では、Binding クラスまたは Binding 「マークアップ拡張」を使ってデータバインディングを行います。 例えば、 「Attribute Syntax」 と Binding 「マークアップ拡張」 を使って、以下のように書きます。 これで、スライダーの値とテキストボックス中のテキストが結び付けられます。 スライダーを動かすとテキストボックスの中身が変化しますし、 その逆もまたしかりです。 (ちなみに、Binding マークアップ拡張の設定次第では、 片方向の同期も可能。) イベントハンドラなどを自前で書く必要はなく、これで全てです。 (試しに表示させて見たいならこちら → Binding 。) XAML だけで完結したデータバインディング記述が可能です。 また、 ASP.

NET のように、 というような特殊な記法も必要ないですし、 データの同期をしたいタイミングでプログラマが明示的に Data Bind() メソッド呼び出す必要もありません。 WPF のデータバインディングでは、 データが変更されたことを、 そのデータを参照する全てのコントロールに通知する仕組みを持っています。 ( ただし、この仕組みを活用するためには、 同期したいデータのクラスに System. INotify Property Changed インターフェースを実装する必要があります。 ) Binding だけで、 いろんなタイプのデータバインディングが実現できます。 まずは、一番簡単なものということで、 単純なデータのバインディングについて説明します。 要するに、前節の例でも挙げたコントロールのプロパティ間のデータ同期のように、 1つのデータを複数のコントロールで同期するものです。 前節と似たようなものですが、再び例を挙げてみましょう。 この XAML コードによって、 テキストボックスとテキストブロックの中身が同期します。 すなわち、テキストボックス内のテキストが変更されたときに、 変更結果がテキストブロックの中身に反映されるようになります。 この例のように、 コントロール間の同期に Binding を使う場合、 Binding の Element Name プロパティに同期対象のコントロールの Name を、 Path プロパティに同期したいプロパティの名前を指定します。 「Binding マークアップ拡張」で例に挙げた、 スライダーコントロールの値とテキストボックスの中身を結びつけるコードをもう1歩捻って、 スライダーコントロールの値に応じてキャンバスを回転させるような物を作ってみましょう。 完成品は、 図1、 図2に示すようなものになります。 完成品のソース一式はこちら → Binding Dependency Property.zip。 以下に示す XAML ファイルでは、簡単化のために、キャンバスの中身ははしょってあります。 これで、スライダーの位置に応じてキャンバスが回転するんですが、 1つ問題があります。 Slider の Value プロパティの値の範囲は 0~10 なので、 最大で10度ほどしかキャンバスが回転しません。 (WPF では、回転などの角度のスケールは1周360度。) これを例えば、スライダーの端から端でちょうど1周するようにしたければ、 0~10 の範囲を 0~360 に変換する仕組みが必要になります。 この手の変換を実現するのが、Binding.

812

Leave a Reply